読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEVIN'S GRADUATION #08(3月21日~3月22日)

 (注意:大幅にケビンサイドに寄った視点からの個人的所感です)

 

※2017年3月21日
○6人での最後の新曲を卒コンで披露されることが発表される


この時間がない中での新曲嬉しいな。ありがたいな。歌が大好きなグループだから歌で返してもらえるのが一番嬉しい。

日本の会社が仕切ってるから当たり前なんだけど何とも日本らしいサヨナラ公演の進め方。もう全部乗せする勢いで盛りに盛っちゃってほしい。


アルバムの週間売り上げ枚数/順位が発表されました。
ケビン卒業の影響がないとは言えない数字かな…

歴代アルバムの中で一番初週売上が伸びなかったsolo&unit ALBUM(7,813枚/7位)。売り上げ推移表からもU-KISSが踏むブレーキの音が聞こえてくる。数字で表された現実をどこで何をやり直せたらグラフは右肩上がりの線を描けたのだろう?とぼんやり眺めている。メンバーに変動がなければ違う線を描いていたのだろうか?

元ドンホペンの友人に「ドンホが抜けての6人での活動を見た時よりじゅんくんが加入した時の方が堪えた」と言われました。もちろんもう戻らないのはわかっているし自分の概念の中での話なんだけど今まで座っていた椅子が空席としてそこにあるのと違う人が座っているのとでは全然違うらしい。そうなのか…。
私がトドメを刺されるのいつなのだろう…?


※2017年3月22日

 

ケビンがまたえらいツイートをしている。もうすぐ去る子しかグループ活動してない不思議なグループU-KISS。
こういうツイートができるのは自分たちの仕事を把握していて、その結果まで責任持って見届けているからなんだろうな。誰の仕事でもない。自分の仕事だもんね。

この3週間の対応を見てもケビンは最後の最後まで自分のファンに肩身の狭い思いをさせることなかったなぁ…


3月31日にnhとの契約が満了するケビン。その日をケビンはどんな風に迎えるんだろう?4月からはどんなケビンが待っているんだろう?

(維持していくことは大変だけれど)このままグループにいれば『一番』でいられたかもしれない可能性を手放してでも立ち向かいケビンが掴みたいと思っているモノはどんな形をしているんだろうね。

国によって違う仕事のやり方や優先度の付け方。時にはそれに翻弄されることもあったかもしれないけれどそれでも賢く強かに適応してきたケビンがこれから自分の夢を実現するための有効な手段としてこれまでの経験の中からどんな方法を選択したのか、選択していくのか楽しみ。

きっとまだ卒業のその日まで大揺れの感情の中でぐるぐるしちゃうと思うけれど泣いたり笑ったり怒ったりしながら最後の日までいきたいと思います。これが味わえるのはキスミだけの特権ですから!