読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEVIN'S GRADUATION #06(3月15日~3月18日)

(注意:大幅にケビンサイドに寄った視点からの個人的所感です)

 

※2017年3月15日

○「solo&unit ALBUM」リリース
J-WAVEAVALON」出演

 

 

オリジナルアルバムではなく企画アルバムの括りで比較してもクリスマスアルバムの売り上げにも全然届かなかった今回のアルバム。クリスマスアルバムの時も例のアレでガクッと売り上げ落ちた印象だったんだけど…。リリイべでどのぐらい週間に詰めるか。数字は大事。本当に大事。

オリコン4位という結果に言葉にして感謝の気持ちを伝えてくれたのはケビンだけでした。ファンの応援が自分たちの活動を支えているのだと何度も何度でも言ってくれるケビン。本当に応援し甲斐がある。

どんな言葉を落としても真っ直ぐに伝わりにくいこの状況下で呟く事は難しいのかもしれないけれどそんな中でも言葉を選びながらファンに向けてメッセージを送り自分宛のメッセージもちゃんと見ている様子が伺えるケビン。どんな時でもファンに背を向けて逃げるようなことは決してしなかったな。最後まで。

誰かに無理矢理断ち切られるわけでもなく、中途半端に投げ出すわけでもなく、きっと最後のその日までその時にできる最善を尽くし切って自分で決めた道を進んで行くんだろうな。応援できる要素しかない。

いっそ嫌いにさせてくれたら「U-KISSのケビン」とサヨナラすることにこんなに苦しい思いをしなくてすむのに…ううう…(鬱)

でも。サヨナラするのは悲しいね寂しいねでも本当に本当に楽しかったねありがとうと一緒にゴールテープ切らせてもらえるんだよ?最高じゃね?(躁)

卒業発表後もメンバーやファンのことは変わらず大好きそうだな~と思わせてもらえるのも幸せ。急に線引きされたら寂しい。卒業した途端メンバーのフォローを外して鍵を掛けるようなことはしないでね?そんなことされたら大声で泣くからね!?(古傷)


ケビンが持っている計算できる顧客数は新たな契約を結ぼうと考えた時にどのぐらい効力のあるものなのだろうか?もしソロアーティストとして活動していく予定があるなら何とか日本のレコード会社と契約を…と思うけれどそこで課せられるであろう制約をもう十分に知っているだろうからそれを受け入れた上で契約するかどうか、ですよね。今までと同じことしかできないのではU-KISSを卒業する意味ないもんね。

 

J-WAVEの番組には5人で出演したU-KISS。
イライは例の番組に出演するために一時帰国。韓国内でグループの知名度を上げる大切さもわかるけれど発売日に本業(歌)より個人仕事を優先させる事務所ってなんだろうね。ベストアルバムの発売日にもいなかったよね。

日本語スキルがそこそこあるU-KISSにとっても日常で頻繁に使わない専門的な言葉が多く使われる会話は難しいだろうなと思いながら聴いていたんだけど、そんな中でわかる単語を聞き逃さずに回転レシーブで拾い続けるケビンとフンミン。そこから始まる会話に積極的に絡んでいくスヒョンさん。今までもこうして助け合い、補い合いながら頑張ってきたんだろうなぁ…。
ゲストがこれだけ積極的かつ協力的に番組に参加してくれたらホスト側としてはやりやすいね。U-KISSが同じ番組に何度もゲストで呼ばれる理由がわかる気がします。

 

※2017年3月16日

○名古屋リリイベ

イベント冒頭でケビンからの挨拶があった模様。
メンバーからもケビンの夢を応援するという言葉がやっと聞けたようでよかった。
できればもっと早いタイミングで、来場者が限られるリリイベではなく、もっと多くの人が見られるSNS等を通じて伝えてくれていたら…と思ってしまう気持ちもあるけれど今日伝えてくれた精一杯の言葉も大事に心に留めておきたい。


リリイベやサイン会に行って直接言葉を交わせる人は本当に限られていてなかなかそういう場に参加できないファンにとってはアイドルとの繋がりを感じられる大切な場のひとつがSNSだったりするんだけど同じツール(SNS)を使っていてもその使い方・活かし方の違いにその人の在り方がよく見えます。

これはU-KISSのライブへ行くたびに思うことでもあるけれど目の前にいる人だけがファンじゃないからね。視界に入る人だけがファンじゃないからね。

結局アルバム発売日にファンへメッセージ出したのはケビンだけでした。これからもU-KISSを続けていく皆さん自分たちのアルバムやファンに無関心過ぎじゃない?
ケビンはライブでもお客さんの入り具合を毎回チェックしてたもんね。数字の持つ意味や力をよくわかっているんだろうなぁ。

 

※2017年3月17日

○大阪リリイベ
○卒コン当落発表
○二次エントリー受付開始

 

 

この日は少し気軽な挨拶からスタートしたケビン。
昨日直接ファンに会って伝えられたことでまたひとつ肩の荷物をおろせたのかな?だったらいいな。

ケビンの卒業公演は希望通り当選。ありがとうございます。
コンサート楽しみ。楽しみじゃない。楽しみ。
つらいけどちゃんとお別れを言い合えるのって幸せだ。別れの時にまた会いたいと思えるのは幸せだ。でもお別れしなくていいのが本当は一番いちばん幸せだ…。
4月の公演に一緒にステージに立ってくれるメンバーには感謝の気持ちしかありません。ありがとう。

 

※2017年3月18日

○大阪サイン会

 

 

到底歓迎なんてできない今の状況下にあってもケビンがたくさんの人に愛されていると感じるのはそれ以上にケビンがいっぱいいっぱいみんなを愛してくれていたからなんだろうなぁ。