読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEVIN'S GRADUATION #04(3月9日~3月11日)

(注意:大幅にケビンサイドに寄った視点からの個人的所感です)

 

※2017年3月9日

 

インスタに一枚の手書きメッセージを投稿したケビン。
それには3ヶ国語で大好きなキスミへの気持ちは変わらないと書かれていました。
ベースにピンク色を選んだのももちろん意味があってのことだろう。

f:id:azdrop:20170330204850j:plain

絶妙。メッセージを出すタイミングも内容も絶妙。
卒業発表以降新たに言葉が届けられることもなく、突然の発表にまるで捨てられたようなネガティブな感情が残される側に膨らみつつあった中で届けられた言葉。発表の日以来、私はやっと息を吸えたような気持ちになりました。
幸せだなぁ。今まで応援してきた気持ちを否定することなくそのまま持ってこれからもケビンを応援していける。ありがとう。本当にありがとう。ほんの一言で救われる気持ちってあるんだよね。思いが一方通行ではないと感じさせてもらえる幸せ。

直筆っていうのがまたいいよね…(ホロリ)
「大好き」はもうマスターしていそうだけど「気持」や「変」は変換した文字を一生懸命見ながら書いたのかな…う…うう……(何度も読み返す)

ソロ&ユニットアルバムの発売に向けこの日プロモーションをスタートしたavex
「なにがあっても乗り越えられるさ」と歌うスヒョンさんの動画にぶり返す胃痛。
乗り越えるためのアクションはまだ見えてきません。

 

※2017年3月10日

 

3ヶ国語でつぶやく通常営業のケビンにホッとする。
お仕事関連のつぶやきはまだ難しいかもしれないけれどこういう他愛のないつぶやきが今はとても嬉しい。

そしてこの日の午後の便で静かに来日したU-KISS。
ケビンが飛行機の中から夕焼けに染まる富士山の写真を載せていました。
たまたまキレイだなと思って撮影したのか、6年通い続けた日本にもう仕事で来ることはないのだとセンチメンタルな気持ちで撮影したのか。こんな時だから何気ない写真にも深い意味づけをしそうになってしまう。
来日したその足でそのままスカパー音楽祭のリハに参加した模様。

昨年夏のケビンのソロ活レポを読み返したらとても満たされている自分がいました。その前半年ぐらいモヤモヤしっぱなしのキスミ生活だったので余計なノイズが乗ることなくただただ夢中になって応援できるのが楽しかった。そしてケビンが頑張りが正しくケビンに還元されるように当時強く願っていました。

私は『アイドルグループ』という形が本当に大好きだからあくまでファン目線での話ですが「そりゃグループ辞めたくもなるわ…」とボヤきたくなるような状況をメンバーに作られてしまうのが本当に悲しい。

誰かのもたらすプラスはみんなで増やし誰かのもたらすマイナスはみんなで少しずつ減らしていくその共同作業がグループを応援する側としては楽しみのひとつでもあるんだけどいつまで経ってもマイナスのパーセンテージが減らずせっせとプラスを運んでいる子がすり減っていく状況は見ていて楽しくないのです。

アイドルに活動していく上での夢や理想があるように、ファンにもアイドルを応援していく上での夢や理想があるんですよね。

昨日のケビンの投稿に私がファンとして救われたように、キスミから届く声にケビン自身も救われるものがあったらいいな。
反論も批判も覚悟の上だろうけれどこういうネガティブな環境下では尚さら自分の発した言葉が自分の気持ちとは違う捉え方をされ届いてしまう怖さがありますから。

当方、卒業のその日までケビン擁護隊として活動予定です。

 

※2017年3月11日

○スヒョンさんの誕生日。

メンバー4人からお祝いメッセージが届く。おめでとう。