読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/07/06 Make me/Out of my life feat.K」リリースイベント@ラゾーナ川崎(18:30)

直前まで「ケビンのソロデビューを全力で応援したい!」という気持ちと「ケビンさんてあのU-KISSさんのところの子なんでしょ…?(眉をひそめつつ)」という気持ちでせめぎ合っていたのですが最終的に「ケビンに会いたい!」という極めてシンプルな気持ちだけが残ったので会いに行って来ました。


16時半過ぎにラゾーナに到着したところまだステージ最寄りエリアにちらほら空きが。平日だし!9日にも東京でイベントあるから!という理由で全身武装して並び始めました。打たれ弱いんだから気を付けて。
それでもイベントが始まる頃にはまずまずの人数が広場に集まっていたので良かったです。ケビンに恥をかかせるわけにはいかないのです。


しかし事故渋滞に巻き込まれて到着が遅れているケビン御一行。てっきり早い時間に会場入りしているものだと思っていたのでびっくり。この日もかなりの数の取材を受けていた様子。メディアに関心を持って取り上げてもらえるのは良い事!こちらも大人しく待ちます。


19時前には到着してまずは公開リハという名のサウンドチェックから。ステージに上がった瞬間に照明が灯り「おっ」という驚き顔をするケビン(かわいい)。今回はKさんも参加されるということでピアノが準備されていたため配置の微調整等々でピアノ周りに集結する大人たち。そしてポツンと一人残されるケビン。もっとチヤホヤしてあげて!今日の主役はそのオレンジパンツの子!!


「元気でしたか?」「会いたかったよ」と軽い挨拶をキスミに投げてくるケビン。隣にいたお姉さんから早くも「かわいい…かわいい…」と心の声が漏れ出していた。蛇口が付いているなら締めてあげたいぐらい漏れ出していた。


サウンド担当のお兄さんがケビンから音調整のリクエストを耳打ちされていて非常に羨ましかった。あの役、おいくらで買えるのかしら?(現金主義)


サウンドチェック後のピアノ周りへの集結の輪にはちゃんと加わっていたケビン。うさぎとケビンは寂しいと死んじゃうの。


そのためにちゃんとスピーカーの位置等々を調整してあるから大丈夫なんだろうけど屋外でもイヤモニ無しで一切音程を外すことなくブレない歌声を保てるのはやはりすごいなと改めて感心。そして生歌ならではの息遣いであったり、ちょっぴり味付けされたその日だけの歌い方(アレンジ)であったり、CDにはない歌声を味わうことができるのはライブならではだなと。U-KISSは基本的に生歌率高めなところもアーティストとして買っているひとつです。生歌にこだわるあまりダンスをセーブするぐらいなら必要に応じて口パクでもいいよ派ですがせっかくライブに行ってすべて口パクというのはやはり寂しいし、そこでCD音源以上のクオリティの生歌を聴かせてもらえたらカッコ良すぎじゃない^^


「ちょっと待ってください^^」と一旦ステージを降りるケビン御一行。待つーっ。全然待つーーーっ。散々待たされた記憶は早くもこの時点で全消去です。そしていよいよイベントスタート!

 

まずはご挨拶。「今日ソロデビューしたU-KISSのザ☆アイドル、ケビンでーす^^」(持ちネタ)


イベント前に有志の方からケビンへのメッセージが書かれた紙が配布されたのですが、それを出すタイミングをはかりかねているとめざとく見つけたケビンがひとつずつメッセージを読み上げ「あとで写真撮りたいなぁ~」とつぶやいていました(思い出を形に残したい系女子)。


「(ソロ活動スタートの大阪でのリリイべがあった)昨日はすごく恥ずかしくて喋れなかったんですけど今日はちょっと慣れてこの気持ち悪くないね」と早くも一人チヤホヤ状態に味をしめ始めるソロ歌手ケビンさん。濃い目にチヤホヤされたいお年頃。
ところでケビンは「大阪」がすべて「OSAKA」のアルファベット呼びになっているね。長音て難しいのかな?


スケジュールがたくさん詰まっていて忙しいけれど「大丈夫だよ。キスミが僕の力だから(会うと)元気になります」と逆にこちらが元気になるようなことをサラッと言ってくれるケビン。ケビンが元気になると言ってくれるなら手持ちの元気玉全部出す。全部渡す。


この日はavex本社に30社ほどが集まっての合同会見があったそうで。もしまたKさんとコラボすることがあったら次はKさんがピアノを弾き、その横でケビンが踊るなんていう案も出たらしい。本当はKさんと一緒に踊りたいケビン。「Kさんダンス上手いです」と適当な嘘をついて「違います(嘘です)」と即訂正してた。危うく信じかけた!


話題はTANTOTANTO恵比寿店とのコラボの話に。キスミの力でどれだけケビンセットの注文数を伸ばせるか!?という使命の下、まさに今日お邪魔して来たTANTOTANTO。
ケビン「美味しかったですか?」私「(ノーコメント)」ケビンに嘘は吐けないよおおおおお(正直者)
良キスミ「(ピザもパスタも)両方美味しい!」ケビン「あぁ良かった(安堵)。一緒に行こう!」私はこの日『嘘も方便』という言葉を覚えた。
そういえばTANTOTANTOの応募の件、どれに申し込もうか食べながらずっと考えていたのに希望商品を書く欄がなかった。そういうシステムなのか…。


ここで客席をバックに記念撮影。客席に近づきながら「(メッセージカードを)いつ準備した?ありがと。感動。コマウォ~。うしろもありがとう~。」と改めて喜びの気持ちを伝えてくれたケビン。たとえそれがどんな些細な事であったとしても自分に向けられたファンの想いをひとつひとつ大切に受け止めてくれるのが伝わってくると嬉しいですね。


1曲目は「DON'T BREAK US DOWN」。ケビンはアコースティックver. と言っていたけどCDの表記はアンプラグドver. なんだよね。音楽音痴の私にはその違いがわからないので問題ありません。温度のあるシンプルな音は好きです。
歌終わり、「パア~ン」のところいいよねと弦が爪弾かれた音を振り付きで再現していたケビン。私もそこ印象的で良いと思います。(ケビン全肯定派)
Oh open up your heart girl~のところで何度も客席にマイクを向けていたケビン。「皆さんの素敵な声を聞いて嬉しかったです。歌声、素敵だな。」褒められました!!


ソロ活動ではいろいろな姿を見せたかったとケビン。セクシーな姿の「Make me」、柔らかい声の「Out of my life」、伝わりましたか? \ 伝わったよー /
2曲目は「Make me」ということでgo go go go goの部分をみんなで言ったら盛り上がると思うから練習しましょうとケビン先生。はい!(良い生徒)


ケビン先生「Make me wanna go」 キスミ「go go go go」 先生「小さいよ~。もっと大きくできますね?」
やり直し。
ケビン先生「Make me wanna go」 キスミ「go go go go!」 先生「これだ!」合格点いただきました!


曲中、客席からの\ go! go! go! go! go! /コールに嬉しそうな顔を見せるケビン。観客からのコールに呼応して輝きを増すアイドルって最高だよね!最高だよね!!曲が終わったあとでもう一回求められた\ go! go! go! go! go! /コール。格好良いパフォーマンスを見せられた直後でこちらもテンション上がっていたので練習の時より声が出ると「おぉ!慣れてきたね!」とご満悦かつ相変わらずどこか上からなケビン。良い。
サラッと出てきてサラッと帰って行ったダンサーの皆さん。でも彼らのおかげで一人で踊るよりずっとダンスが華やかになっていたしフォーメーションも楽しめました。拍手を送る機会がなかったのでここで。パチパチパチパチ(ありがとうございました)


3曲目は「Out of my life」。今日の最後の曲ですと紹介すると客席からは「えー」と不満の声。それを聞いて「ぼく3曲しかないよぉ」とどこまでもかわいいケビン。その3曲を無限ループで歌ってくれてもいいんだよ?明日の始発まででも付き合うよ??
ここでKさん登場。ケビンの「Out of my life feat.K」という曲紹介がとても美しい発音でございました。
リハの時でさえ一切手抜き無しだなと感じる歌声だったのに本番では軽くそれを超えてきて驚愕。すごい。やっぱりプロの歌ってすごい。Kさんがピアノを弾きながら何度もケビンを優しい表情で見ていて才能と権力のあるプロデューサーと見初められた歌姫感が溢れ出していて非常に良かったです。


歌終わり、少し話しましょうとKさんをステージ中央へいざなうケビン。「(心配しなくても)キスミはすごく優しいですよ」とKさんに語るケビンはまるで友達に自慢の彼女を紹介する風で「ただいまご紹介に預かりました彼の女です」と危うく自己紹介するところでした。
自分が参加しているから言うわけじゃないけど(ケビンは)一人のミュージシャンとしてどんどん成長していくのであたたかく見守ってあげてほしいとKさん。韓流ザップでも話されていましたがケビンの今持っている力だけではなく、高いハードルを用意して飛び越えさせようとしてくださった想いがすごく嬉しかったし、ケビンがプロデューサーさんをそんな想いにさせる歌い手であることが誇らしくとても嬉しかったなぁ。


U-KISSのリリイべでフンミンさんがKさんの曲を1フレーズ披露したのを聴いたのもラゾーナでした(2011年8月25日のリリイベ)。それから数年の時を経て、こうして本物のKさんの歌声を同じラゾーナで聴けたのはなかなか感慨深いものがありました。


一日一緒に取材を受けてケビンの溢れ出る透明感の洗礼を受けたらしいKさん。あの浄化機能はそろそろダスキンでレンタルすべき。毎月フィルター交換に来てほしい。
取材ではアイドルポーズもしたと自分の得意なフィールドへ誘い込むケビン(負ける戦はしない)。たくさんあるカメラの中から抜かりなく韓流ザップのカメラをチョイスしてKさんと2人でアイドルポーズを決めたケビンはきっと来週韓流ザップのスタジオで高待遇を受けることでしょう。アイドルポーズに照れるKさんにまだアイドルができる歳だとフォローするも逆にKさんにダメージを与える結果になっていたのがとてもケビンらしかったです。悪意なくキラキラした笑顔で「わーい」と相手を崖から突き落とすところあるよねケビンて。


Kさんの軽妙なトークに眉毛を下げて笑っているケビンがたいそう可愛らしく、そうかと思うとKさんの投げた好球には見向きもしないで話を進めるマイペースなケビン。そこ拾わんのかいっ!とKさんとキスミが心の中で総ツッコミしているのにもまったく気づく様子のないそのままのケビンでいてください。


歌披露が終わったのは19時35分頃だったかな?ここからハイタッチ会だけど中距離遠征組の私は新幹線の時間があるのでここでお別れ。ハイタッチをしているケビンを眺めているのは結構好きなので残念だけど仕方ありません。ステージで満足させていただいたので十分です。迷ったけど参加して良かった。あの歌が聴けただけでもう十分過ぎる幸せをいただきました。ありがとうございました。まだまだ歌い手としてのケビンからは離れられないし、追いかけたいなぁという気持ちを抱きながら帰宅の途につきました。ケビンが歌うことをどれだけ大切にしているか、歌える場所を守るためにどれだけ頑張っているか、応援していれば自然と見えてきます。その頑張りが正しく報われていきますように。デビュー日に会いに行けてよかった^^


ケビンのソロデビューをスヒョンさんやキソプ、フンミン、じゅんくんが応援している様子がとても可愛らしくてグループっていいな、メンバーっていいなと思いました。この5人のことはこれからも応援していきたいな。


この先もまだまだ尋常ではないハードスケジュールが続くけれど自分の名前を冠したイベントであったりイタリアンレストランとのコラボであったり韓国とはまたひと味違うプロモーション活動を面白いと感じて少しでも楽しみながら活動できるといいな。楽しみ上手なケビンだからきっと大丈夫だと思うけど^^


そしてケビンが頑張ってコツコツ貯めた実績と信頼という名の貯金はケビンのために使ってください。決して他のメンバーの借金返済のために使ったりはしないでくださいね。


言葉にしなければ伝わらないことがあるけれど、言葉だけでは伝わらないこともある。ケビンが自らの行動で示し、伝えてくれていることはいつかきっとケビンを助けてくれるはずです。必ず。