2016/05/04 U-KISS GREEN DAY SPECIAL EVENT&LIVE 2016@東京ドームシティホール(14:00)

2時間前に来日したアンハピネスとは違い、2日前に来日してリハもしていたグリーンデー。今年は心穏やかに楽しめそうです。

 

前半はゲームコーナーから。場面設定はKISS-U airlineの出国審査。10円でどこへでも行けるという格安航空会社にやって来る怪しい乗客を新人審査官のAKIさんと先輩審査官のスヒョンさんがチェックします。

 

まずやって来たのがサングラスを掛けたケビン。ゲートを通ろうとするも何度もエラー音。それでも気づかずに話し続ける審査官2人。
スヒョン「地味な格好で気づきませんでした」 ケビン「顔が派手です」 薄顔ケビン渾身のギャグ

 

早速始まるボディチェック。下腹部で鳴る金属探知機。
ケビン「ああベルト。ベルト今取った方が…?」 スヒョン「いえ大丈夫です。」なぜ止めたスヒョンよ。

過剰なボディタッチのボディチェックを続けるとズボンのポケットの中からケビンのチェキが。これあとでプレゼントしてくれるんだと期待していたのにそんなコーナーなかった。何で?何で??

 

続いてやって来たのはフンミン&じゅんくん。
スヒョン「ちょっと脇濡れちゃってる」 フンミン「濡れてないよ!」ご立腹のフンミンさんはコナンの腕時計型麻酔銃で反撃。

スヒョン「(下腹部に視線を送りつつ)この人は結構大きいですね」 じゅん「何が大きいですか!?(焦)」 スヒョン「背だよ。みんな何考えてるの?」セクハラ課長。

 

そして突然始まるじゅんくんの手品タイム。Spring Rainを歌いながらバレイベの手品のマネをするフンミンとじゅんくん。

ケビン「僕の曲です」 みんなの曲です。

スヒョン「ロマンチックなマジックやったのにみんな笑ったからマジック大嫌い!!」 癒えぬ傷

 

最後にやって来たのはキソプ&イライ。
スヒョン「ちゃんと立ってください」 キソプ「敏感だから…(照)」ボディチェックに感じてしまうキソプ。

変なキャラ設定で隣に座ったイライに対して「触らないでよ!怖いですよ!」とじゅんくんが完全に怯えて警戒していた。

 

パスポートチェック。
新人審査官「どこに行くんですか?」 ケビン「僕は韓国に戻って映画撮影が30本入ってます。」
本物だと証明するために演技実演タイム。
ケビン「スミヤァ~スミヤァ~カジマ~」 スヒョン「演技が下手すぎる」

 

ケビン「アクションやります」 スヒョン「リハの時なかったけど大丈夫ですか?」 新人審査官「先輩、リハって何ですか?」
軽く前転して銃を構えたポーズを取るケビン(ハリウッド仕様)
ケビン「スミヤァ~スミヤァ~カジマ~」 スヒョン「アクションは良かったけど演技が下手すぎる」
曲中はあんなに曲調や歌詞に合わせてくるくると表情が変わる表現力豊かなケビンなのにどうして演技力がないんだろう?(ケビンファンの素直な感想)

 

新人審査官「(パスポートを見ながら)特技:スマイル、好きな食べ物は手羽先、じゃあスマイルで手羽先って言ってもらえますか?」という振りになぜか腕を使って手羽先のマネをするケビン。そしてそれをもぐもぐ食べるケビン。自給自足。

 

バンコクの正式名を超早口でスラスラ言うフンミン。合ってるか合ってないかわからないけどすごい。
相撲の試合に行くというフンミンとじゅんくんが相撲のマネをしていると、後ろから股の下にさっと手を差し入れてじゅんくんの大事なところ付近を撫でた先輩審査官にじゅんくん大慌て。その子下ネタにあまり免疫ないから気をつけて。

 

パスポートの写真はプールの中から顔を半分だしているフンミンさん。
フンミン「これはお母さんのお腹の中にいる写真です。」 「おでこが広いのはお金がいっぱい入ってきます。(…という幸運ジンクスを)僕が作りました。」ポジティブ~。

 

デザイナー兼モデルのゲイカップルのような2人、イライのキャラ設定を完全に持て余すMC陣。

 

ここからチーム分けしてゲームコーナー。
Aチーム:ケビン、フンミン、イライ Bチーム:スヒョン、キソプ、じゅん

 

まずはジェスチャーゲーム。みどりの日にちなんだお題で出題。
ここでサングラスを外したケビン。跡が付いているとメイクの崩れを直してくれる面倒見のいいフンミンお母さん。

 

お題:森(出題者フンミン)

イライ「Forest!」 ケビン「森!」 ケビンの日本語翻訳機能ON

 

お題:迷彩柄(出題者ケビン)

ケビン「これ韓国語もわからないですぅ~」 サバイバルなものには縁のない兵役義務のないアメリカ人。

 

お題:ほうれん草(出題者イライ)不味い顔をして食べるも通じずパス。

 

お題:ケビン(出題者フンミン)

ケビン「Dinosaur!」ケビンの主成分は英語でできています。
ケビン「ケビン?え?ぼく?みどりじゃないぼく…」

 

お題:イモムシ(出題者ケビン)パス。

 

お題:緑茶(出題者イライ)

イライ「日本の~」 ケビン「抹茶!」「お茶!」

 

お題:ゾロ(出題者フンミン)

時間切れで不正解。張り切って出てきてゾロのマネをするワンピースっ子のスヒョンさんとじゅんくん。

 

一方Bチーム。カマキリにカマではなくハサミを持たせてチームメイトを大混乱に陥れていたキソプ。

 

結果は3対3の引き分け。続いて「マイケル・ジャクソン」ゲーム。
「マイ」「ケル」「ジャク」「ソン」「マイケル」「ジャクソン」「マイケルジャクソン」「フォー!」と言うのを順番に言っていき回数を重ねるごとに「フォー!」の回数を増やして行くというもの。

スヒョン「フォーが気になって。ちゃんとやらなきゃいけないと思って。」結局「フォー」がやりたいだけのスヒョンさん。そのせいで失敗するスヒョンさん。

 

Aチームの勝利でBチームは罰ゲームで特製青汁を飲むことに。リハーサルでは1つだったのに3つ用意されているコップ。
そこで全部を1つのコップにまとめて一人が飲むことにしようと提案するスヒョンさん(S気質)。どんな味か試しにちょっと味見してみるスヒョンさん(隠れM気質)。

キソプが勝利で一抜けしたあと、じゅん「何出しますか?」スヒョン「グー出す」じゅん「じゃあ僕もグーだします」そしてお互いに出したチョキ。

スヒョン「こいつ汚いなー!」 人のことは言えません。

 

最終的にじゅんくんが負けるとAチームからも一人選出しようと珍しくじゃんけんに勝ったものだから調子に乗ったことを言い出すキソプ。結局悪い提案をしたからとキソプ込みの4人でじゃんけんをしてまんまと負けるキソプ。期待を裏切らないキソプ。

 

あまりにドロドロの液体に スヒョン「半分でいいよ」(実は優しい) フンミン「半分ダメです」(わりと人でなし)

キソプ「ちょっと僕笑っていいですか?ハハハ!見えない」(狂気の沙汰) スヒョン「僕の人生見えない」 ケビン「未来が見えない」(追い打ち)

 

ここで運ばれてくる怪しいスーツケース。中から出てくるスヒョンさんのお面。そのお面を被って6人のスヒョンさんでChoo Choo Train。気持ちが悪い。

10円のKISS-U airlineは飛行機が段ボールで作られているというオチに「もういいよ!」とケビンが切れたのを合図にブパパブパパブパパ~!とドリフのテーマに合わせて撤収。続いて歌コーナーへ。


01. 君のような春(キソプ)
キソプ「ぼくが作曲と作詞しました」日本だと「作詞作曲」っていうけどユキスさんたちは「作曲作詞」の順番で言うね。

 

02. PASSAGE
フンミン「スヒョンさんと目を繋ぎながら歌いたいのにスヒョンさんは他の方を見ていた」とクレーム。恋人か。嫉妬か。

 

03. Shining Stars
ここでやっと今年初となるケビンの生歌。
ヨッ!待ってました!!(おひねり用意)

 

04. 僕だけのヒーロー
スヒョン「家族に会いたいですね」 キスミ「(シーン)」 スヒョン「何で静かなの?」
デリケートな話題だからだよ!かさぶた剥がそうとするんじゃないわよ!
ケビン「今日家族と一緒に来た方いらっしゃいますか?」(とっさの機転)
ケビン「GWの休み時間にユキスと過ごしてくれてありがとう」
スヒョン「ケビンさん何で急にそんなアイドルみたいな」 ケビン「アイドルだよ(キラキラ)」

 

05.One Shot One Kill(メイキング)
オフショットとMVがミックスされた映像。

 

06. One Shot One Kill
3月のイベントには行けなかったのでやっと見ることができて嬉しかった。

 

07. Kissing to feel

☆自己紹介タイム
ケビン「2階、3階、4階まで…わぁ~!(お客さんいっぱい)」今日もケビンさんの客入りチェック入りましたー。

ケビン「ぼくはゆーきっすのハッピーエナジーけびんで~す」
キソプ「俺の人生が見えないキソプです」
じゅん「僕の未来も見えなかったじゅんと申します」

 

ここでフンミンが背中を痛めているという報告。うーん、毎回思うけどそれいらないな~。パフォーマンスに支障をきたすレベルは別として言われるまで気がつかなかったのにこれを聞いたあとだと「大丈夫かな?」という目でしか見られなくなっちゃうんだよね…。

 

08. CRY BABY
今回のサプライズ曲は何かな?と思っていたらこの曲を仕上げてきてくれていた。嬉しい。激しい曲を前に水分補給をはかるメンバー。スヒョンさんにじゅんくんがペットボトルを渡そうとするも、スヒョン(27歳)「僕はまだピチピチだから大丈夫」 じゅん(19歳)「羨ましいなぁ」

 

時計の針がチクタクと動く振り付けがあったりと激しいダンスナンバーはテンション上がるねー。


曲が終り、スヒョン「みなさん反応がちょっと弱かったですね」 キスミ「え~」 スヒョン「言葉は最後まで聞け!」
スヒョン「初めて見るからメンバーをちゃんと見たかったんですね?」 キスミ「は~い」 スヒョン「言い訳ばかりだお前ら!」 本当に乱暴な男。嫌いじゃない。

 

09. Rock Me
ハードな曲が続くのは大変だと思うけど、でも見てる方はもちろん見せている方も実は結構気持ち良いと思う。脳内で生成しちゃいけない物質を作っちゃってると思う。

 

10. Action
揃いの白Tシャツが部活動みたい。袖刈り込みチーム入りしたじゅんくん。ついにじゅんくんの脇も解禁か~と感慨深い気持ちに。これ部活だったら絶対に1年からレギュラー入りしてるやつ。同級生はもちろん、先輩女子にも人気出てるやつ。

袖口を小さく折り返して着ていたイライとケビン。これ部活だったら部員と女子マネで付き合ってるやつ。部内公認のやつ。

3年のスヒョン部長はアレンジなく普通に着てました。

 

確かこの曲の時だったと思うけど途中でママハニの振りをアドリブで入れるスヒョンさんとすぐにマネして一緒にやるフンミンとケビン。楽しそうだった。

 

ここで告知タイム。ツアーの日程が発表されるも3ヶ所だけなので歓声のち困惑という反応。
そしてケビンのソロデビューの告知。テロップの文字に動きがあったり効果音が付いていたりと手間が掛かっていることにシャベツ(差別)だと騒ぎだすスヒョンさんとフンミン。仕方ないじゃない。だってケビンだもの。
「Make me」をちょっと歌ってみせたケビンをからかい出す悪いメンバーたち。ゴゥ、ゴゥ、ゴゥ、ゴゥ…
「Out of my life」は切ないミディアムテンポの曲と聞き、「ケビンの特技出た。出たよ。出た。」とスヒョンさん。
こちらも歌ってみるも途中で声がかすれてしまい スヒョン「ケビンのシングルやめましょうか?」 ケビン「今、のど乾いたよ…」 キソプ「かわいい。かわいい。」

 

11. STAY GOLD
無地の6色カラータオルに無地の白Tシャツ。もうちょっとお金掛けてあげて。

 

☆最後の挨拶
AKIさんを呼び込む中、ケビン「AKIはあきまへん」とほにゃほにゃした声でギャグを言うケビン。メンバーに完全スルーされていたけど私ちゃんと拾ったから!どんな球でも全部拾うから!!

ActionをAgotionという替え歌として歌うAKIさんに「うちのアニキに何してるの!?」とお怒りのじゅんくん。
フンミンさんがスヒョンさんはそろそろ30代と言った時にもそんなこと言わないのと指でノン、ノンしていたじゅんくん。師弟愛!

 

☆お見送り
終演後に行われたお見送り。私は接近戦における戦闘力はかなり低いので正直なところお見送りやりますと言われても特にテンションが上がることはなく。いい歌を聴かせてもらえたらそれで十分なのでステージの上で100%出し切っていただいてむしろ終演後はゆっくり休んでください派。

 

何だかんだで30分ぐらい待ったのかな。そのまますんなり帰らせてくれたら1本前の新幹線に乗れたのに…なんて事はちょっとしか思ってないから。
それでも順番に誘導されてお見送りの場までたどり着くとどうやら3人ずつ両サイドに分かれて立っていてその真ん中を通って出るシステムらしい。
六兎追うものは一兎をも得ず。瞬時にそう判断してケビンの位置を確認。ちょうど私が歩いていた側にいたのでそのまま進みました。


向かって右サイドに手前からフンミン、スヒョン、ケビン。左サイドは順番待ちの時にキソプだけチラッと見えました。
お流し隊がいなかったので体感速度としてはハイタッチより気持ちゆっくり。ケビンにペコリと頭を下げたら同じようにペコリとしてくれました。礼儀正しい。終わってみればお見送りも良い思い出になりました。

 

来日時、帽子から覗くケビンの襟足の短さに心配していましたがやや右下がりにセットされた前髪とサイドの短さのバランスがスタイリッシュでカッコよかったです。ソロ用のMVすぐ撮って!いま撮って!!全体的にメイクは薄めだったので踊って髪が乱れたあとはちょっとブスになっていたけどそれもまた愛しい。ゆるふわケビンも大好きけど今回のようにややシャープ寄りのケビンもいい。実にいい。

 

今回もまたケビンはステージに立てていることが幸せでたまらないという顔をしていて見ていてとても幸せな気持ちになりました。

 

今年初ユキス。喉に刺さったままの小骨はまだ抜けていないので行く前はちょっと面倒くさいと感じたりもしていたけど会いに行けて良かった。会えて良かった。次は7月だね。

 

★Set List
01. 君のような春(キソプ)
02. PASSAGE
03. Shining Stars
04. 僕だけのヒーロー
05.One Shot One Kill(メイキング)
06. One Shot One Kill
07. Kissing to feel
08. CRY BABY
09. Rock Me
== アンコール ==
10. Action
11. STAY GOLD