2019/09/16 KEVIN FIRST TOUR ~COME ALIVE ~追加公演@品川グランドホール(公開リハーサル)

このたび幸運にもリハーサル観覧に当選いたしました(初当選)。
こんな機会はそうない思うので記録として残しておきます。

グッズ販売開始より早い集合時間。受付を済ませたあと『おなか空いたな~』とぼんやり待つこと約30分。
聞こえてくる音漏れに耳を澄ますと聞いたことのないメロディー。もしやこれは本日お披露目予定の新しいカバー曲?この状況でのネタばれ回避不可避!と焦っていると既存曲の新しいアレンジっぽい感じでした。その辺りの答え合わせは後程本編にてできるかな。

こちらの想定としてはリハーサル真っ最中の薄暗い中に静々とお邪魔しての観覧だと思っていたのですが入って行くと会場内は明るいしケビンもいない。私たちの天使はどこですか!?

血走った目でケビンを探しかけたところに「おはよう~」と柔らかな挨拶をしながらにこやかにケビン登場。かわいい(最初の感想)。
白Tにストライプ柄のピンクのシャツを羽織り、下はジーンズにスニーカー。ヘアメイクも済んでおらずナチュラル仕様。かわいい(2つめの感想)。
全体的に輪郭のエッジの効き方が甘めでほんわりしています。

「たくさんのKLOVERの中から選んだKLOVERです」
強い決定権でも持っていそうな口ぶりのケビン。
多分ケビンが選んだわけではない。

「『君と僕の約束』を歌いたいと思います」 やった!この曲大好き!

照明が落とされると同時にペンライトを点灯するKLOVERの皆さん(プロ)と何の準備もしていない私。リハ観覧てこういうシステムなの?先に教えてよ!
リハーサルなのにカメラマンさんも入り後ろのスクリーンに大きく映し出されるケビン。照明班の皆さんもお仕事をしてくださりリハーサルとは思えないおもてなし。
イントロが流れると声の調整をはかりメロディーに合わせて声を並べていくケビン。間奏ではスタッフさんにバックの音をもう少しあげてくれるように指示。リハっぽい!(素人の感想)

マイクを握る手がすっかり白いケビン。桜貝のようなピンクの爪が映えます。日焼けがさめるの早すぎません?
この時、下から扇ぎ見るような角度でケビンを見る形だったのですが頭身バランスの良さがさらに強調されて軽く十頭身ぐらいありました。

リハーサルと言っても100%で歌ってくれるケビン。
ケビンがKLOVERの前に立つ時はいついかなる場合でも100%以下なんてあり得ないのです。ちなみに本番では120%overが通常営業です。

「朝ごはん食べましたか?」 歌終わりで最初に聞きたかったことそれ?

「じゃあ、終わりです」 急に突き放すやん?

えー!と言う反応は想定内のケビン。
「もう一曲?じゃあ……(焦らし上手)Dreamer!」

ステージの縁にちょこんと座って歌うケビン。
完全に森。ここ、森。

森に迷い込んだ青年の歌う声に引き寄せられて集まってきた森の動物たち、みたいな図になっている品川グランドホール。地球上で一番平和なスポット。
一人ひとりに優しい目線を送りながら歌う迷子の青年(違)。お礼にドングリをたくさん置いて帰りたい。町までの帰り道は森のみんなで案内します。

歌い終わって腰掛けていたステージからシュタッと降りたケビンに客席が色めき立つもトコトコ階段にまわってステージに戻るためでした。

「今日はツアーのファイナルで寂しいけど最後まで楽しんでくださいね」
「早く朝ごはんを食べてね」 どうしてもKLOVERの朝ごはん事情が気になるケビン。おなか空いてるのかな?

最後に「チュ」とかわいく投げキッスをしてステージを降りていきました。

幸せな気持ちとライブへの期待をパンパンに詰め込んでもらいリハーサル観覧は終了しました。
15分ぐらいだったかな?長い時間ではなかったけれどニコニコ顔のケビンがとにかくかわいくて、本番とは少し違う歌声が不思議で楽しかったです。
リハーサル観覧はアーティスト側にとってはもしかしたらメリットよりデメリットの方が多いのかもしれないけれど(嫌がるアーティストがいても普通だと思う)、こういう時間を設けてくださることに、そして気持ちの良い時間を過ごさせてくださったことに本当に感謝。
帰り際、「ありがとうございました」と見送ってくれるスタッフさんたちにこちらこそありがとうございましたという気持ちでお礼を伝えました。


会場を出た瞬間、曇天の空に向かって「今日もケビンはかわいいぞおおおおお!!!!!!」と声の限り叫びたかったです。


おまけ。
夢見心地でホールから出てきたらケビンのお姉ちゃんがKLOVERに混ざって普通にスタンド花を撮影していました。FREEDOM!