2018年5月期まとめ

大きな、大きな、大きな動きのあった2018年5月。
早くその話をしたいけれど逸る気持ちを抑えつつ5月の出来事を時系列に沿って勝手気ままに。


*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

○しんじろお兄ちゃん

ロスにお出掛けしていたケビン。しんじろお兄ちゃん@AAAとの2shot写真をIGstoryにアップしてくれました(5月2日)。

f:id:azdrop:20180531210212j:plain

ケビンがロスにいると聞いた時『しんじろお兄ちゃんに会えたらいいのにね~』とファンとしての勝手な期待を寄せていたのですがまさか本当に会えていて、その様子をこうして共有してもらえるなんて。ありがたい(合掌)。2人の関係が今も変わらずこうして続いているのっていいなぁ。とても嬉しい写真でした。

 


○ALTAR BOYZ

5月9日、2018年度版の『ALTAR BOYZ』のキャストが発表されましたがそこにケビンの名前はありませんでした。でも実は思ったよりガッカリはしなかった。
音楽活動により一層力を入れていくためと決意表明してASCを卒業したばかりだというのにそれで最初に発表される仕事がミュージカルの方が嫌じゃない?私は嫌だな。嫌というか困惑する。
叶えたい夢があるとU-KISSからの卒業を発表したあとの最初のお仕事がミュージカルで当時かなり困惑した記憶。(メイビー、ハッピーエンドはとても素敵な舞台でしたけど)

次は役名が付かず、ケビン名義で歌い、ステージに立つ姿が見たいから個人的には悪い選択ではないと思えるんだけどな~。

片手間でミュージカルの仕事をしていると思ったことは一度もないけれど単発の仕事で一時的に何となく満たされた気分になるより長期展望のある仕事の供給でたっぷりと満たされたい。長く楽しみたい。ケビンには先を期待したくなる仕事の仕方をする人であってほしいです。

ケビンの音楽活動に関しては自分の納得がいくまで準備に時間を掛ければいいと思ってます。歌のお仕事は大本命の仕事だと思ってるので中途半端なものは見たくないじゃない?全然待つ。余裕で待つ。
あてもなく待つ日々に疲れ始めてしまう気持ちもわかりすぎるほどわかるけれど(私だって可能ならば今すぐ回答がほしい)、自分の推しが将来をかける分岐点に今まさに立って頑張ってるんだからファンなら黙って待っとれや!黙って通帳残高だけ増やしとけや!と私の中の荒くれ者がガラ悪く凄んでくる。おっしゃる通りでございます…。

でもこれでこの1年はユキスからの流れの支流に乗っている感じがまだ時々あったけれどいよいよ乗るラインが変わったんだなという印象を受けました。ケビンが漕ぎ出した先がどこに流れ着くかわからないけれどとことん付き合おうじゃないか!

でもケビンの『Epiphany』はもう一度聴きたかった~。あの歌声を全身で浴びて浄化されたかった。

 


○8ヶ月ぶりの来日

5月14日、セヨンさんのインスタライブと目撃情報によって確認された突然の来日。
公のスケジュールとしては2017年9月のALTAR BOYZ公演での来日以来だから実に8ヶ月ぶりになるのかな。ざわつくケビンファン界隈。

ちょうど同じタイミングでALTAR BOYZはAチームとBチームがあるという話が出たところだったので「ケビンはBチームにキャスティングされてその関係じゃない!?」という憶測も一部飛び交っていました。この一年ミュージカル絡みでしか日本でのお仕事なかったからもっともな推察。

常日頃、「元気で歌っていてくれるならどこにいてもいい」と思っているけれどいざ日本に来たと聞くと途端に色めき立っちゃったりするからまったく女って生き物は。

この来日の意味が明らかになるのはこの日から8日後のことでした。

 


○言葉の解釈

5月12日にケビンが投稿したひとつの言葉。

Patience is a virtue.(忍耐は美徳なり)

今現在、何かじっと耐えなければいけない案件を抱えているのか、この一年を振り返りじっと耐え忍んできたことが何かしらの形として実を結ぼうとしているのか。
自分に向けての言葉なのか、誰かに送る言葉なのか。
ケビンはあまり受け取り側に余計な憶測を与えるような言動のない人だと思っているのでたまにこういう何とも関連づけられないような言葉を発せられると深読みしそうになるけれど、個人的にはケビンが言葉にする時はその問題の真っ只中というより出口が見える段階まで来た時だと思っているのでわりといつもポジティブな解釈で受け止める方が多いかな。私は。

 

 
○発表前夜

5月21日、ライトアップされた東京タワーの写真に「たのしみ。」というコメントを付けて投稿したケビン。匂わすやん?
これはいよいよタンバリンを準備する日が来たんじゃありませんか!?(ゴクリ)

 


○ターン!ターン!ターン!(喜びのタンバリン乱れ打ち)

5月22日大安吉日、待ちに待った嬉しい発表がありました。

f:id:azdrop:20180531210407j:plain

とにかく嬉しい。ただただ嬉しい。この一年待っていて本当によかった!

こんな風に改めて日本で活動をすることにしたのは意外なような妥当なような。もっと英語圏のファンも視野に入れた活動をするのかな~とぼんやり思っていたけど音楽がビジネスになる(生計を立てられる)のは一番日本が計算できるのかもしれません。マーケットとしても大きいし収益に繋げられるシステム(方法)もいろいろあると思う。ステージにも一番近い感じがする。

日本での活動を経験して、もしかしてケビンが望むアーティストとしての活動は日本では実現しにくい(希望に沿わない)ことが多いと感じたのかなぁ?と思ったこともありました。
タイトなスケジュール、少なくない接触系のお仕事、曲の内容より特典内容が重視されがちなCD事情などなどファンの目から見ても「ちょっとどうだろう?」と思うことがあったからアメリカ人のケビンの目にはさらに特異に映ることが少なくなかったのではないかと。日本のアイドル業界は何かと制約が多そうだし…。(何かこちらに至らない点があったのではないかと自分を責めてしまう現地妻脳)

それらを内側から見て“いい面”と“わるい面”を知った上でまた日本に戻ってくることに決めたケビン。音楽を志す人にとってきちんとCDがリリースされる、ステージ(単独公演)に立つ機会が得られるというのはとても大きいことなのだろうなと、カムバするする詐欺や卒業イベントやるやる詐欺をするnhの仕事の仕方を見ていると強く思う。

この先ケビンが日本でCDをリリースした場合、K-POP枠になるのかなぁ?でも韓国に拠点はあるようなないような感じだし、韓国発というならそうかもしれないけれどそれを言うならアメリカ発でも間違ってなくない?どうせだからもう日本発ってことにしとく?(産地偽装)こちらはどの枠でも細かいことは気にしないので一番多くメディアに扱ってもらえる枠にねじ込んでもらってください。

夢を叶えるスタート地点として日本を選んでくれたことをとても光栄に思います。U-KISS時代に日本で築いたものを使う権利がケビンには十分あると思うのでどんどん活用したらいいと思う。

ところでこの一年U-KISSにもUNBにも使わずに貯め込んだ小銭を使う時がついに来たぜ!と思ったのですがその小銭がどこにも見当たりません。私は何に使ったのでしょうか?

 


○ファンクラブ名募集

日本での本格始動と一緒にアナウンスされたファンクラブ名の募集。

こういうお祭りは参加した方が絶対に楽しいので結構真剣に考えてみたんだけど超絶ダサいのしか浮かんで来なくてもうLOVE MOREでいいじゃん!と言い出す5秒前。
キスミみたいにFC名=ファンの愛称にしないといけないのかな?と思って呼びやすさを意識して考え出すとチャッピーみたいな小型犬の名前みたいのしか浮かんでこなくて自分のネーミングセンスの無さに絶望。
もしもよ、チャッピーに決まったとしてファンの愛称がチャッピーズにでもなったらそれはもう完全にリトルリーグの弱小チーム名ですからね。

降りて来い!ハイセンスな名前よ!(天を仰ぎ見)

 


○ルームメイト5月編

ケビンがsnowを使って投稿した動画をマネして同じような投稿をするキソプ。
キソプの「seop night」という投稿に“いいね”をして「good night」と投稿したケビン。ビンソプ仲良し。ビンソプかわいい。(2ヶ月連続)

 


○お礼は熱いうちに

5月25日、IGstoryに表参道の写真を投稿。
表参道と言えば青山の近く。青山の近くと言えばavex
その昔、avexへ行こうと表参道を歩いていた時にラモスに遭遇しました。誰が見ても見間違うことがないぐらい完全にラモスでした(どうでもいい話)。
ケビンがavexと再契約できたらいいのにな~~~(ダダ漏らす心の声)

 

f:id:azdrop:20180531210501j:plain

FC名の応募に対して感謝の気持ちを伝えるケビン。さすがやで。

ただ広報部長としてケビンが有能過ぎて、無能なスタッフ数人雇うぐらいならケビン一人いればよくない?と思えてしまうのは良くないと思う。

 


○ファンクラブ名決定

5月28日、ケビンのファンクラブ名が『KLOVER』に決まったと発表されました。
かわいらしくて、ケビンらしくて、素敵な名前だと思う!

f:id:azdrop:20180531210624j:plain

 

「You are my lucky clover and I'm so lucky to have found you in my life!」っていいよね~♪

クローバーの図柄は絵文字にもあるぐらい誰もが共通認識できる馴染みのあるものだし、シンプルながらもそれひとつで多くの意味を含んだアイコンとして成立するとても汎用性の高いものだからいろいろ使い勝手もいいと思う。
絵文字を使って誰でも簡単にSNSをケビン仕様にカスタマイズできるも楽しいし(ケビンも早速プロフィールや投稿に使っていたしね♪)、葉の形がハート型なのもケビンっぽくていい。
日本人的立場で言うとクローバーを四つ葉と言い換えられるところも表現の幅が広がって面白いし、そもそも単純にかわいい。グッズとか作るの楽しそう。

ファンの愛称も『KLOVER』でいいのかな?
翌日ケビンが早速「GOOD MORNING KLOVERS」と呼んでくれました。
はじめまして。只今ご紹介に預かりました「KLOVER」です。

絶対ファンの呼称欲しい派ではないんだけど今まで「キスミ」というかわいい名前で呼んでもらっていたこともあってこうしてケビンのファンだけを指す名前ができたのはやっぱり嬉しくてこれから先ケビンにかわいく呼んでもらえるといいな~とニマニマしちゃう。グッと距離が縮まった感じもするね。

話はそれますが私がキスミとしてブイブイ言わせてた時のアイコンがクローバーモチーフだったので「Destiny!!」と興奮して当時のアイコンに戻そうかと一瞬思いましたがもうキスミではないのでやめておきます。

ファンクラブの無料会員登録も受付中なのでみんな仮登録しよう!


そして同時に発表された「KEVIN'S PREMIUM EVENT 2018 ~WELCOME KLOVER~」。
7月に大阪と東京で開催されるファンクラブKLOVERのオープン記念ファンミーティング。

 

ターン!ターン!ターン!ターン!ターン!ターン!(喜びのタンバリン乱れ打ち。増量中。)


ケビンが!ステージに!ファンの前に!帰ってきます!!
おめでとうございます。ありがとうございます。ごちそうさまでした。

どんなイベントになるかわからないけれど未知数な分はすべて期待値にポイント還元して待ってる!
歌ってくれるかな?歌ってくれるよね?何歌うんだろうー?
持ち歌がないからカバー曲かな。そうしたら絶対英語曲が入ってくるんじゃなくて?(大好物です)
何か嬉しい発表もあるといいな~。MCにはどなたが付いてくれるんだろう?(気が早い)

本当に日本での活動が始まるんですね。
嬉しいなぁ。また歌うケビンが日本で観られるなんて。嬉しいなぁ…。(しみじみ)(じんわり)
元々レポ用として開設したこのブログをやっと本来の目的で使える日がきそうです。
早くケビンにステージの上からの景色を見せてあげたいな~。
そしてそのケビンを客席から見る事ができたら最高だ!

振り返ってみるとこの一年は私にとってはあっという間でした。
確かにこれまでとは活動内容が大きく変わった一年ではあったけれど、ケビンのファンへの対応は何ら変わらなかったので疎遠になった感じがまったくしなかったからかな?
仕事上の動きがある時もない時もSNSを通じてマメに声を掛けてくれていたもんね。ケビン。

そして改めて1年前にU-KISSを離れる決断をした理由を考えてみたりもしたけれど、それはきっとキャリアアップのためだけではなく様々な要因によって出された答えなんだろうな。グループ内には確立されたポジションがあり、nhとavexのバックアップで得られるお仕事もまだまだある中での決断。外から見たら手放すのは惜しいと思える環境も手にしている人には違う側面も見えるのでしょう。でも誰かを責めたり何かに不満を言ったりというマイナスの面を一切見せることはせず「叶えたい夢がある」とだけ言って美しく新しい一歩を踏み出したケビンを支持したいな。


公式サイトもオープンしましたがまだプレオープンといった佇まい。
これから活動が本格化されるにつれ、サイトも作り込まれていくのかな?

公式サイトに載せられていた写真はどれもシンプルながら醸し出されはじめた大人の男の色香やどこか中性的なエロさとかケビンのクールさやキュートさを感じさせてくれるもので今後を期待させてくれるものでした。無理に攻めていないところに好感。最初の仕事でコレって信頼してもいいやつじゃない?(いまオリジアナの話はしていません)
こちらとしてはLOVE MOREレベルのパンチを打ち込まれて来るに違いないとガードを上げて準備していたのでいい意味で肩透かし。アートディレクションに関してはケビンの希望(センス)を無理して取り入れなくても大丈夫ですからね?と新しいスタッフの皆さんにお伝えしたい。
このところ黒髪だったこともありこれからはナチュラル仕様で行くのかな~?と思っていたらしっかりアイメイクを施されていて小さくガッツポーズ。メイク映えするお顔ですからそちらも上手く生かして楽しませてください。表情がたくさんあるアーティストの方が断然面白い。

はじめまして、の方ばかりではなくてケビンのことを知っている方が撮った(スタッフさんの中にいた)のかなぁ?それともケビンの良さを引き出し、活かすために事前にこれまでの作品なんかを見て準備してきてくれたのかな?


ケビンが3ヶ国語でアナウンスしているから余計にそう感じるのかもしれませんがフォームの仕様を見ても海外のファンに向けても間口を広げて受け入れていく感じなのかな?
U-KISS時代のavexは基本「日本のファン向け」であったけれどnhはどうでしたっけ?

活動拠点を日本に置く(移す)ぐらいの覚悟で腰を据えて日本での活動をしていく予定なのかなぁ?今は韓国の事務所に所属しているわけでもなく、韓国でのレギュラー番組を持っているわけでもありませんから日本に長期滞在しても問題ないわけです。ママも呼ぶ?

結局どことマネジメント契約をしたのかわからないままなので一抹の不安は残りますが(変な事務所で安く売られませんように)そのうちわかるのかな?安心材料としての心強い後ろ楯が欲しいところ。切実に。
今はまずケビンが歌手としての新しい一歩が踏み出せそうなところまで来たことを盛大に喜んでおきたいと思います。アメリカでもなく、韓国でもなく、日本で活動を再開させてくれるという恵まれた幸運に感謝しなくちゃ。
ここ日本でケビンの望む活動ができますように。末永く続けられますように。
ケビンが歌うステージを守るために我々にできるのは声援を送り続けることとお金を使うことだけです!

 

Keep your face always toward the sunshine ― and shadows will fall behind you.

ケビンの今後に向ける姿勢、了解いたしました!
忙しくなるぞ~!はああああああ~楽しみいいいいい!!