2019/12/21 KEVINSMAS 2019@恵比寿ザ・ガーデンルーム(18:00)

去年は叶わなかったクリスマスイベント。
恵比寿ガーデンプレイスって恵比寿駅から地味に遠いよね。

 

Two of us

このイントロは…!
卒業後、U-KISS時代のソロ曲やコンビ曲は歌うことはあったけれどグループの曲を歌うのは初めてですね。
コーラス部分はケビンの声だけだったので今回もまた新しく録音してくれたのかな?
これまでもカバー曲を歌う時はコーラス部分をちゃんとケビンの声で録り直してくれていたチームなので音楽面でも信頼度がとても高い。

ケビン「『Two of us』懐かしいですね」
ケビン「ひたり?ふたり?ひとりで歌うのは初めてですが皆さんと思い出があるクリスマス曲を歌いたくて用意しました」
ケビン「一人で寂しかったけどいつかみんなで歌える日が来るように…歌いたい!」

誰か今すぐスヒョンさんに伝えて!

自分の過ごしてきた日々や仲間を大切なものとして全部持ったまま進んでいける人は幸せだなぁ。

 

☆ゲームコーナー

この日の衣装はクリスマスっぽい柄のセーターに緩めのシルエットの薄いブルーのズボンでした。
U-KISS時代ってわりとタイトなシルエットのパンツが多かったけど最近は緩めのパンツが多いですね。どちらも好きです。でも踊る時はパツパツのやつがいいです。

 

f:id:azdrop:20191225184732p:plain

(左が1部、右が2部の衣装。どっちもかわいい。着ている人はもっとかわいい。) 

あとね!
登場して来たときにあまりにお肌がつやつやピカピカで驚愕。
メイクや照明の影響はあるにしてもあの輝きは少女の生き血でも飲んでいないと出せないレベル。絶対ヤバい魔術とかやってるでしょ!?
普通のアラサー男子はもう少しくたびれてるから!
毎朝スムージー飲んだらいいのかなぁ…


今回のMCはウィスさん。ありがとうございます。

マネージャーさんとイベント名をあれこれ考えていたいた時に「クリスマスイベント2019」とかだとちょっとつまらないので冗談で「KEVINSMAS」と言ったら採用されたとの裏話。ケビン発案だったのね。

ウィスさん「KLOVERとクリスマスデートするなら?」
ケビン「とりあえず雪の降るところに行きたい。二人でいいところを借りて、僕がクリスマスケーキを作って、クリスマスディナーを食べて、クリスマス映画を見たい。映画を見て眠れなかったらカラオケに行ってクリスマスソングを歌ってあげる。おなかいっぱいだから消化のために。歌って、家に帰ったらそのまま眠りたい。」

そのまま眠るんかい!なんでカラオケで完全燃焼しちゃってるのよ!
ごはんのあとでケビンにカラオケに誘われたらロマンティックなムードではなく消化促進のためだと覚えておきます。


ジェスチャーゲーム

お題に合わせてケビンがジェスチャーをしてKLOVERが解答するゲーム。
正解者にはケビンの写真にサインと名前を入れてプレゼント。

ケビン「心が通じているから(すぐにわかる)」
ケビン「KLOVERの皆さんの努力が必要です」 お、おぅ…(がんばる)


1問目:ケビンが知らないものだったのでパス。


2問目:スピーカー
舞台袖のスピーカーのところに行き、直立でBGMに合わせて「あわわわ」と音を出すケビンスピーカー。
このスピーカーは勝手に歌い出しそうだけどコンパクトだから部屋に置くにはいいかも。


3問目:スマートフォン
今度はスマホになり切り、おなかのアプリをポチポチ押したりスワイプするケビンスマホ。最新式の超薄型。
客席からスワイプの方向が逆だと言われ
ケビン「こっち?こっち?細かいですね。」とおなかをシュッシュとスワイプしていました。


4問目:トナカイ
1問目をパスしたのでケビンによる出題。
手で角を作り、舞台上手から下手に向けてピョンピョン飛びながら足をバタバタ。渾身のトナカイ。

1部では「ドローン」「クリスマスツリー」「タピオカ」が出題されたということでそれも見せてくれました。
タピオカ屋さんの「(ストロー)さしますか?」をマネしてそのあとゴクゴク、もぐもぐ。
ケビン店員さんかわいい。私もストローさしてほしい。

 

まちがいさがし

まちがいさがしの~♪と「まちがいさがし」を1フレーズ披露。
すぐ歌う。ケビン、すぐ歌う。いいぞ。

2枚の写真から3ヶ所の違うところを1分間で見つけるゲーム。
正解できたらケビンにご褒美、できなかったら罰ゲーム。

ウィスさん「自信ありますか?」
ケビン「…ぁぃ」 これは自信ないな

案の定惨敗したケビンですが出題内容に必ず罰ゲームをさせようというスタッフさんの熱い意思を感じました。ありがとうございます。

1つめの罰ゲームは「動物のモノマネをしながら歌う」。
リクエストを聞いてネコになり、ステージ中央にちょこんと座るケビン。

ケビン「My Reasonを歌います」

歌詞を思い出せないケビン。

ケビン「NEW DAYを歌います」

ケビン「変わらない愛と~笑顔に~ありがとニャン」

「かわいい!かわいい!正解です!」とピンポンを連打するウィスさん(同士!)。
我々もピンポンボタンを持っていたら間違いなく連打していたと思います。


2つめの罰ゲームは「足つぼマッサージの上で歌う」。
ケビン「健康だから痛くないと思う」
ケビン「ステージの上で靴を脱いだことはあまりないから恥ずかしい」
インスタで全世界に乳首の写真(正:水着写真)を公開してるのに靴を脱ぐだけで恥ずかしいの?何も露出してないじゃん。もしかしてアメリカ人が家の中でも靴を脱がないのは恥ずかしいからなのかな?(多分違う)

「FREEDOMを歌います」というケビンに「飛んで」というKLOVER勢。鬼です。
それでも振り付きでFREEDOMを歌い、「あ"あ"あ"あ"~~っっ」と痛さに悶絶するケビン。

ケビン「痛いよ!痛っ!!」
ケビン「FREEDOMはジャンピングが多かったね…」
ケビン「バラードを歌ったらよかったのに…」 凡ミス

 

〇ビンゴゲーム

ビンゴした方先着3名にケビンの貴重品をプレゼント。
ケビンが用意したのは「香水・セーター・スマホケース」。
これちょっと問題ありなのでひとつずつ検証していきましょうかね。

まずは香水。素敵なガラスの小瓶の香水ですがよく見ると中身はほとんど入っていない。
ケビン「少~~~しあるよ」
ケビン「(フタを取ってクンクン)匂いまだある」
ケビン「ぼくがサインするから!」
サインという力技で押し切ろうとするケビン。

以前フンミンさんが使いかけの香水をプレゼントに選んだとき非難していたのはどこのどなたでしたっけ?フンミンさんの香水はまだ半分ぐらい残っていたからね!


セーターは去年のクリスマスのサイン会で着ていたニット。
サイン会のお洋服って私服なんだね。

ウィスさん「洗濯した?」
ケビン「洗濯じゃなくて香水を…」 香水の中身がここに!

日本にはニットを手軽に洗濯機で洗える良い洗剤がたくさんあるからよかったら使ってみて。


スマホケースは1ヶ月ぐらい使ったものでクリスマスっぽい色だから選んだらしい。
使っている時に何度か落としたから傷だらけだと自己申告するケビン。
使用感満載だと喜ぶべきか悲しむべきか。
そんな客席の空気を察してかケビンが再び力強く放った一言。


「サインするから!!!!!」


スタッフさんはケビンに「貴重品」の正しい意味をちゃんと教えておいてください。
(貴重品:高価で大切な品物(広辞苑より))


ケビンが数字を読み上げて行き、列が揃った人は挙手するシステム。
2人目の時に同時に3名の方が手を挙げられたのでじゃんけんで勝敗を決めることに。
公平を期すためなのかドキドキしていたからなのかケビンが目をつぶってじゃんけんしていたのがかわいかったです。


歌コーナー前の時間にウィスさんがしてくれたお話。
ご家族の事情で家と病院を往復する日々が続いていたことがあり、そんな鬱々とした日々の中で病院へ向かう道の途中でみつけた1軒のお店。『365日クリスマス』という店名を見た時にクリスマスにみんなの笑顔から溢れる幸せのような日々を送れるようになれたらと思ったそうです。それから月日が経ち、クリスマスをテーマにした曲を依頼されて作ったのが「Two of us」。
今日歌っていただいてありがたいし、これからみなさんがケビンと過ごす毎日が今日のように幸せでありますようにとお話してくれました。
1つの曲ごとに作り手、歌い手、聴き手のいろいろな気持ちが込められているんだなぁ。歌って素敵だな。

 

☆ライブコーナー

彩度を落としたシックな色合いの赤いスーツ、襟元を少し開けた白シャツ。
首元には緑色のスカーフをタイ状に緩めに巻いた装い。クリスマスカラーだね。
ゲームコーナーでのかわいい雰囲気とはうって変わり、28歳等身大の男性の色気を纏っての登場です。
鍵盤奏者のREOさんと一緒に。

 

★Let It Go(ピアノ演奏)

完全に私の中で氷のお城が建ちました。

ケビンの凛とした強さのある声がとても曲に合っていて、のびやかな声がどこまでも視界を広げてくれるような解放感がとにかく気持ち良い。
ケビンは「聴かせる声」の人でもあるけれど「魅せる声」を持っている人だと常々思っているので聴いた人の心に物語を想像させるのにとても向いている。何でまだディズニーからオファーがないの?ねぇ何で??

歌声とピアノの音だけだったことが信じられないぐらいとても厚みのある豊かな音で圧倒されました。音数は少ないはずなのに歌声に力があるから全然物足りなさを感じない。これだからケビンのファンはやめられない。
華やかな歌声、美しいダンス、舞台映えする体、日本のミュージカル業界は早くケビンの存在に気づいた方がいい。どなたか帝国劇場の支配人のLINEをご存じありませんか?今すぐ伝えて!来年のFNS(ミュージカル枠)を狙いたい(超本気)。

本当に素晴らしかった。もう一度聴きたい。

 

★メリクリ(ピアノ演奏)

ケビンが曲中に持たせる余韻の間もじっくり待ってくれるREOさん。
すべてケビンの間に合わせてくれるから歌っていて気持ち良いだろうなぁ。


ケビン「クリスマスの曲の中で皆さんが思い出がある曲ありますか?日本の曲でも。」

ケビンのそんな問いかけに特に反応がなく次はどう話を展開しようかときっとケビンが考えていたであろうタイミングで「Silent Night」をポロロンと弾いてくれるREOさん。ナイスアシスト!歌パートだけではなくトークパートもフォローしてくださるREOさん素敵。

ケビンがそれに合わせて歌い、「あ、これも」という感じで「Jingle Bell Rock」を。
それに反応して「ジングルベル」を弾いてくれたのでジングルベルを英語で歌うケビン。
♪In a one horse open sleigh, Hey! と楽しそうに歌ったところがTHEアメリカの男の子という感じでかわいかった~。本場のクリスマスソングってこんな感じなのね~。あったまる~。
あとは「We Wish You a Merry Christmas」も歌ってくれました。クリスマス最高。
クリスマスソング大好き。

 

★NEW DAY(ピアノ演奏)

オリジナルよりこちらのアレンジの方が好きかも。
ぬくもりがあって歌詞のひとつひとつをそっと手渡しされている感じ。

ケビン「この曲はKLOVERへの気持ちを伝える曲だから何度歌ってもいい歌詞」
ケビン「ただ歌うんじゃなくてKLOVERのことを考えながら気持ちを伝えるように歌っています」
ケビン「みなさんに届いていたら嬉しい」 届いてるよ~

こんな風に新しい一歩を踏み出した時の気持ちを思い出せる曲があるのはケビンにとってもKLOVERにとってもいいことなのかもしれないな。

 

★愛してた ~Still Love You~(ピアノ演奏)

用意されたスタンドマイク。
静かな歌い出しから後半に向けて一気に女の情念みたいなものが乗っかって来てたよね?

ピアノを演奏されていたのが女性だったからこそ引き出せたかもしれないケビンの側面。
「どんなあなたもすべて愛してた」という歌詞に滲む説得力。
いいわー。こういうケビンもいいわー。

今回のアレンジに合わせて最後に付け加えられた「愛してた…」の1フレーズ。
吐息含有率120%でものすごく色っぽかった。
そんな声出されたら離れた男すぐに戻ってくるわ!ダッシュで戻ってくるわ!!

奇しくも「Let It Go」「メリクリ」「愛してた」と女性目線の曲を女性のピアノに合わせて聴かせてくれたわけですが考えられての選曲だったのかな?
REOさんのかっこいいピアノが曲をよりドラマティックにしてくれてとても素敵でした。やっぱり生演奏はいいなぁ。


ケビン「来年はアコースティックライブもやってみたいです」 ぜひ!!
ケビン「今年もいろいろ挑戦したけど来年もこれまでやったことのないステージをやるので期待してください」 楽しみ!

 

夜空ノムコウ

SMAP兄さんの曲ではありませんか。
ここまで来たということはV6まであと一歩ですね。いいぞいいぞ、近づいて来ているぞ。(V6ファンのひとり言)

間奏では口笛も聴かせてくれました。歌声のキレイな人は口笛の音もキレイなんだね。
上手に吹けたことと客席の反応の良さに口笛のあとで嬉しそうにニコッと笑ったところで加点ボタンを長押ししました。

ケビンの声は聴いたらすぐわかる特徴のある声ではあるんだけど声の素直さがJ-POPにもとてもよく合うという発見ができた1年でもありました。歌詞もとても聴きやすい声。
聴き慣れた曲でもそこにケビンの持つ異国の空気がほんのり乗って新しさも生まれてとても楽しい。


ケビン「楽しい時間はすごく早く感じる(寂)」
ケビン「でも最後の曲。それはしょうがない。」 突き放すやん?

 

★クリスマスソング

♪KLOVERが好きだ 聴こえるまで何度だって言うよ KLOVERが好きだ


女の子(年齢制限無し)はこういうベタなことが案外嬉しいものなのです。

この曲を前回歌ってくれたのがホワイトデーイベント。
ずっと前のことのようだけどまだ1年経たないんだね。
その時より一段と歌詞がクリアになり、アレンジも加えてケビン仕様にカスタマイズされていました。
歌い込めば歌い込むほど曲の持つポテンシャルをみつけてそれを生かした歌い方をしてくれるのがケビン。

 

LAST CHRISTMAS

ケビン「みなさ~ん。ケビンサンタが来ましたよ~。」

サンタクロースのコスチュームに身を包み、サイドの扉から客席に登場。
ニコニコニコニコしながら通路を歩いて行くケビン。
ケビンが歩いたあとには花が咲き誇り、鳥がさえずり、清らかな泉が湧き出ることでしょう。


ケビン「サンタは今年痩せました」 激痩せだね
ケビン「ヒゲもない」
ケビン「似合いますか?」 答えがNOとなる質問は絶対しないケビン
ケビン「(服のサイズが)僕にピッタリ。完璧。」 

 

f:id:azdrop:20191223143812j:plain

(確かにジャストフィット)

ケビン「集合写真撮ります」
ケビン「せーのと言ったら“KEVINSMAS”」
ケビン「ケビンスマ~だと口がア~になるから(笑った口)。スマス~だと口がス~になるから(おちょぼ口)。」 表情管理に厳しいケビンサンタ

 

★10,000 HOURS

絶対歌ってくれると思ってた~♪(歓喜
こういう時に出し惜しみしないのがケビンのいいところ。

曲紹介の時に発音が良すぎて「10,000 HOURS」が「センター・オブ・ジ・アース」と聞こえて何で今ディズニーシ―の話?と思ってごめん。私のヒヤリング力の問題です。

用意された椅子にちょこんと座り軽やかに歌うケビン。贅沢な時間。
ケビンとビーバーさんの組み合わせに間違いはない。
ケビンが曲をカバーする時には必ず相手のアーティストへのリスペクトがきちんとあるところがすごくいいなといつも思っています。

やっぱり来年は何としてもアコースティックライブを実現してほしいな。


ケビン「今年はぼくにとってすごく成長した一年でした」
ケビン「全国ツアーでたくさんのKLOVERの皆さんにも会えてもっと距離が近くなったと思います」
ケビン「ライブも嬉しいしサイン会とかで直接一人ひとり会って皆さんの気持ちを聞くのが感動した」
ケビン「日本だけではなく全世界で活躍しました」
ケビン「来年はもっとかっこいい姿を見せて皆さんとの思い出をたくさん作りたいです」

「活動した」ということを言いたかったんだろうけど「活躍した」と自分で言っちゃうところがケビンぽいからこっちで正解だと思う。

ケビン「皆さんにも幸せになってほしいし叶えたいことがあったら挑戦してほしいです。ぼくがずっと隣で応援してあげるから。」 その隣というのは具体的のどのぐらいの距離でお願いできるのでしょうか?
ケビン「お互いに健康で一緒に頑張っていきましょう!」


私は長くジャニーズ沼に生息しているので最近のアイドルのファンとの距離の取り方には今でも時々戸惑ったりします。
ステージで最高の姿を見せてくれることが最高のファンサービスだとも思っているのでそれ以外の部分では極力そっとしておいてあげたいと思ってしまう。ファンと密に接することは少なからず負担になることがあるのではないかと。

でもケビンはいつも「もっとファンの皆さんの近くに行きたい」と言ってくれて、それがリップサービスではないことを示すかのようにサイン会や握手会での丁寧な対応はもちろん、SNSでもファンと触れ合うことを自ら率先してやってくれているように感じます。
この日『LAST CHRISTMAS』で客席に登場したこともきっとそんなケビンの想いからだろうし、実際に客席に現れたケビンはファンの反応にとても嬉しそうに見えました。

もちろん引くべき線はきちんと引いて、その上でファンの方へと歩み寄ってくれるケビンの気持ちには素直に甘えてもいいんだなぁと。それがケビンの負担ではなく力になることもあるんだなぁと。ケビンの話を聞きながらそんなことをぼんやり考えていました。


★What's Up

ペンライトの色をチカチカ変えてみるケビン。この日は『白』がお気に召したご様子。

ケビン「最後は思い切り歌って踊って叫んで終わりましょう!」

くるんとターンをした時にサンタ帽が落ちかけたのを慌てて押さえたところがかわいかった。
そしてそのあと白いポンポンが付いた部分をサッとかわいい位置に直したのがさすがケビンだった。


ケビン「2019年ありがとーーーっ!!!」


湿っぽい空気なく「よいお年をー!」とカラッと終われるケビンらしい今年最後の曲でした。
2019年楽しかったー!!!

 

f:id:azdrop:20191223143823p:plain


* SET LIST *
01 Two of us(U-KISS)
02 Let It Go
03 メリクリ(BoA
04 NEW DAY
05 愛してた ~Still Love You~
06 夜空ノムコウSMAP
07 クリスマスソング(back number)

=アンコール=

08 LAST CHRISTMASWham!
09 10,000 HOURS(Dan + Shay, Justin Bieber)
10 What's Up